薬剤師のうつ病まとめ

薬剤師とうつ病

薬剤師という仕事は患者と直に面したり処方箋を管理したりと神経質になる局面が多く、うつ病を発症してしまうケースも少なくありません。もしうつ病を患ってしまい職場環境が理由で改善できないなら転職することをおすすめします。

薬剤師の転職でまずやるべきことは転職サイトに登録することです。リクナビ薬剤師なら豊富な非公開求人が用意されていますし、うつ病などの問題がある場合もしっかりサポートしてもらえるので安心ですよ。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営するリクナビ薬剤師は数ある薬剤師専門の転職サイトの中でも実績・ブランドイメージともに断然の存在です。幅広い企業とのパイプもあり、求人情報だけでなく内部事情の情報に強いのも大きな魅力です。コンサルタントのサポートも充実しているのでうつ病に悩まされている方の環境や希望に合わせた求人を紹介してもらえるだけでなく、定着しやすい、精神的な負担を抱えにくい職場を見つけられるよう、細かな情報も入手できるはずです。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師はマイナビグループが誇る豊富な情報網を活用して、求人情報の紹介と転職のサポートを行っている薬剤師専用の転職サイトです。最大の特徴はコンサルタントのサポートが充実している点。とくに求人情報ではなかなか知ることができない職場の内部事情に関する情報提供が充実しており、うつ病に悩まされている方が負担を感じずに働くことができる職場環境の求人を見つけやすくなっています。扱っている求人も全国単位なので地方の求人もたくさん見つかります。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは2012年度には薬剤師の登録者数が業界ナンバー1を記録した薬剤師専門の転職サイトです。転職を希望する多くの薬剤師から評価されている理由には、手厚いサポートと1日10件にも及ぶ豊富な求人情報の紹介が挙げられます。希望の条件を重視した求人の紹介を行っているため、うつ病に悩まされている方の事情に合わせた職探しにも役立てることができます。3万件以上にも及ぶ求人数、さらに地域に根ざした幅広い情報網も魅力です。

ヤクステ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ヤクステは利用者ひとりひとりの希望に合った求人の紹介をモットーに運営されている薬剤師専門の転職サイトです。求人データベースによる求人のチェックだけでなく、専門スタッフによるマーケティングを通した求人紹介も行っているため、きめ細かな情報の提供が可能です。専任スタッフはうつ病のように特殊な事情を抱えた薬剤師に適した求人を用意してくれますし、就業時間や職場の人間関係・雰囲気などにも踏み込んだ上で求人探しを行ってくれます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは東証一部上場の日本調剤グループによって運営されている薬剤師専門の転職サイトです。最大のポイントは薬剤師専任のコンサルタントが80名も在籍していることで、ひとりひとりの適性はもちろん、希望や条件も踏まえたうえでさまざまな求人を紹介してくれる点です。カウンセリングも行っているため、うつ病薬剤師に適した求人先の紹介はもちろん、面接対策や条件交渉の代行といったサービスによるサポートも期待できます。

うつ病薬剤師の転職サイトランキング

うつ病にかかってしまうと職場で働き続けることができなくなってしまったり、転職・復職の際に不利になってしまうケースが非常に多く見られます。この心の病と仕事の関係は社会全体で大きな問題となっているわけですが、薬剤師の仕事においてもうつ病を患うケースが増えており、さまざまな面で大きな問題となっています。

うつ病薬剤師が増えている背景にはさまざまな要因が考えられており、薬剤師の需要の増加と就職・転職先の多様化などがよく挙げられます。ひと昔前に比べてさまざまな職場で幅広い業務を期待される機会が多くなり、それに対応できなかったり、仕事のプレッシャーがストレスになってしまうことが増えているのです。加えて薬剤師の職場はもともと人間関係のストレスを抱えやすいといわれています。調剤薬局のように閉鎖的な環境で、限られたスタッフの中で働いているとトラブルを抱えやすい面もありますし、病院薬剤師ではシフトが問題で人間関係のトラブルが生じることもあります。夜勤を担当している薬剤師と日勤のみの薬剤師の間で不公平感が生じるといったことも多いのです。

ですから日ごろからできるだけストレスが精神に負担をかけないよう注意しながら働く必要があるわけですが、薬剤師は真面目な方が多いといわれ、ストレスを抱えていても我慢して働き続けてしまうことが多く、それもうつ病の大きな原因とされています。ですからもしうつ病になってしまったら、あるいは「これ以上この職場で働き続けたら精神に変調をきたしてしまいかねない」と思った場合には転職が重要な選択肢となります。幸い薬剤師は専門的な知識・スキルを備えている職場ということもあり転職しやすい面があるため、思い切った決断をしやすい環境にあります。

うつ病薬剤師が転職する際には先述した原因をよく把握したうえで求人探しを行っていきましょう。仕事や職場環境が直接の原因でうつ病を発症した場合には次の職場でその原因と回避できるような環境でなければますますストレスが蓄積して再発・悪化してしまう恐れがあるからです。人間関係に問題があるのか、就業環境に問題があるのか、自分なりに客観的に検討し、それを排除できる職場環境の求人を探していきましょう。

またうつ病薬剤師にとっては面接対策の大きなネックとなります。どうしても不利になってしまううつ病の事実をどうカバーし、うまく自己アピールを行っていくことができるか。求人探しにしろ、こうした対策にしろ自分ひとりで行っていくのは難しい面もあるだけに、周囲のサポートなども受けたうえで効率よく行っていきましょう。転職活動そのものがストレスにならないよう配慮も必要です。

TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.