薬剤師がうつ病になる原因は?

薬剤師のうつ病TOP >> 薬剤師とうつ病 >> 薬剤師がうつ病になる原因は?

薬剤師がうつ病になる原因は?

薬剤師がうつ病になる原因にはいくつかの傾向があり、それぞれ職場環境が深く関わっています。もしうつ病になってしまった場合や、うつ病にならないよう転職を目指す場合にはこうした原因を把握し、そうした問題を抱えていない職場を探していくことが非常に重要なポイントとなります。

薬剤師がうつ病になる原因は職場環境と業務内容の2つに大きく分類することができます。まず人間関係の悩み。これは職業を問わず大きなストレスをもたらす原因となっているわけですが、薬剤師の場合はこの職業特有の閉鎖的な環境がうつ病を発症させる大きな要因となっています。例えば調剤薬局での勤務では通常数人程度の薬剤師が勤務しており閉鎖的な環境に陥りやすい傾向が見られます。この職場は安定した就業環境が人気ですが、その一方で何年も職場の顔ぶれが変わらず、人間関係が硬直状態に陥ってしまうことが多いのです。少人数な分、薬剤師ひとりひとりとの関係が深くなり、一度こじれるとズルズルとトラブルが長続きしてしまいがちな点も厄介です。最悪の場合、職場で一人孤立してしまったり、派閥が生じて嫌がらせを受けるといった大きなストレスをもたらす環境に立たされてしまうこともあるのです。

職場環境ではもうひとつ、厳しい就業環境もうつ病の引き金となっています。業務内容とも関わってくる問題ですが、病院薬剤師のように24時間体制の職場では夜勤や残業、休日出勤の機会が多く、それが心身の負担となってのしかかるのです。薬剤師は全般的に残業が少ない職業としても知られていますが、一方では後述する仕事のプレッシャーが大きいため、不規則な就業環境が精神に負担をかけやすい状況にあります。

業務内容ではミスが許されない環境がもっとも精神にストレスをかける要素です。よく薬剤師は医師の処方箋に基づいて調剤を行うだけなのでルーチンワークに陥りやすいといわれますが、実際にはミスが絶対に許されない緊張した環境での業務となります。もし投薬ミスが起こった場合、服用した患者さんやお客さんの健康に重大な悪影響が生じることもありますし、治療計画そのものが台無しになってしまう恐れもあります。こうしたプレッシャーが先述した厳しい就業環境の負担や職場の人間関係の悩みと合わさってうつ病へと追い込んでしまうことも多いのです。

他には医薬品の販売を手がける医薬品卸やドラッグストア、製薬会社のMRのようにノルマが課せられて成果が問われる職場でも仕事のプレッシャーが大きな負担になることがあります。こうしてみても薬剤師という職業がいかにうつ病に陥りやすいかが窺えるのではないでしょうか。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.