優しい薬剤師とうつ病

薬剤師のうつ病TOP >> 薬剤師とうつ病 >> 優しい薬剤師とうつ病

優しい薬剤師とうつ病

うつ病はその人の性格とも深く関わっているといわれており、全体的な傾向として真面目な人、優しい性格の人がなりやすいとされています。うつ病になってしまった薬剤師の中にもこうした傾向が当てはまるケースが多く見られます。

優しい薬剤師がうつ病になりやすい原因は対人関係の悩みを抱えてしまいやすい点と、他人に対して気を使いすぎてしまう点にあります。例えば職場の人間関係に問題が生じた場合、もっともそのしわ寄せを受けやすいのが優しい人です。例えば他の同僚同士の間でいざこざが起こった場合はなんとかそれを修復しようと間に入って調整を目指すケースが多く見られます。それがうまくいかずに悩みを抱えてしまったり、ひどい場合では両方から鬱陶しがられる、理不尽に怒りをぶつけられるといったケースもよく起こります。さらにはストレスがたまりがちな就業環境において他のスタッフのストレスのはけ口や八つ当たりの対象になってしまうこともあります。優しい人はそうした状況も我慢して受け入れることも多く、そうなるとますます相手が調子に乗ることも多いのが厄介な点です。

それから患者さんやお客さんとの対応がうつ病の原因になってしまうケースも少なくありません。調剤業務やドラッグストアでの接客業務を担当していると患者さんやお客さんからクレームをつけられることもあります。中には言いがかりとしか思えないような理不尽な内容のものも多く、それをうまくあしらうのも薬剤師の役割のひとつなのですが、優しい性格であればあるほど真面目に対応するためストレスを溜め込みやすくなるほか、クレームを深刻に受け止めて仕事に対して自信を失ってしまうといったリスクが生じます。

さらに優しい性格は就業環境でマイナスになることもあります。例えばシフト制の職場で人手不足が慢性化している場合、優しい人ほど他のスタッフに配慮して厳しいシフトを受け入れてしまう傾向が見られます。こうした善意が正しく評価されればよいのですが、残念ながらそうならないケースも多く、その人が融通を利かせてくれるのをいいことに同僚が夜勤や残業を押し付けてくることも少なくありません。職場の側でもとにかくシフトを何とか回さなければならないため、こうした問題が生じていても見てみぬフリをしてしまうことが多いのです。

優しい薬剤師はこうした環境でも仕方がないと受け入れてしまいがちですが、本人も知らず知らずのうちにストレスが蓄積していき、やがて心身の不調となって表面に現れるケースも少なくありません。気がついたときに病院での治療が必要なほどうつ病が進行し、仕事をやめざるを得ない状況に追い詰められてしまうこともあるのです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.