うつ病になりやすい薬剤師の性格

薬剤師のうつ病TOP >> 薬剤師とうつ病 >> うつ病になりやすい薬剤師の性格

うつ病になりやすい薬剤師の性格

仕事が原因でうつ病を発症してしまう背景には職場の環境もさることながらその人の性格も大きく影響しています。同じ職場で働いている人でもうつ病になってしまうようなストレスを背負ってしまうこともあれば、それほどストレスを感じないこともあるからです。

薬剤師のうつ病が増えているといわれる原因のひとつにはもともと薬剤師になる人は真面目な人が多いからだといわれています。うつ病は真面目で責任感が強い人ほどなりやすい傾向があり、仕事のプレッシャーを正面から受け止めてしまうことでどんどんストレスを蓄積させて最後には精神の変調をきたしてしまうわけです。

調剤業務をはじめ薬剤師の仕事はちょっとしたミスが大きな問題をもたらしてしまう面があります。その「ミスは許されない」というプレッシャーが心身に過剰なストレスをもたらして自分を追い詰めてしまうことが少なくありません。自分に与えられた仕事を黙々とこなす、よい意味でのルーチンワークにすることができればよいのですが、真面目な人ほどなかなかそれが難しい傾向があります。

また責任感が強い人は何でも自分で背負い込んでしまうことが多く、それがうつ病の大きな要因ともなっています。例えば人手不足の問題を抱えている職場の場合、厳しいシフトなど心身に負担がかかる環境でも「自分が頑張らなければ職場が機能しなくなる」と我慢してしまうことが多いのです。人手不足が深刻化している職場ではこうした責任感が強いスタッフに対する配慮が欠けてしまいがちで、担当してもらえるなら、と次々と無理を押し付けてしまう傾向が見られるのも大きな問題です。

真面目で責任感が強い人ほど人間関係のトラブルを抱えてしまいやすい点も厄介な問題です。薬剤師は少人数のスタッフが閉鎖的な環境で働くことが多く、ただでさえ人間関係のトラブルが起こりやすいといわれていますが、真面目で責任感が強いとそうした場合にそんな役割を押し付けられてしまうこともあります。患者さんからのクレームに対してひとりで対応しなければならなくなったり、他のスタッフ同士のトラブルの間に立って仲裁に入らなければならなかったり、最悪の場合は両方から恨まれて理不尽な扱いを受けてしまうといったケースも起こりえます。

こうしてみても真面目で責任感が強い人ほどうつ病になりやすい傾向が見られることがわかります。この2つは薬剤師の業務を行ううえでは間違いなくよい点なのですが、それがマイナスに作用してしまう可能性があることも踏まえておきたいところです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.