真面目で熱心な薬剤師とうつ病

薬剤師のうつ病TOP >> 薬剤師とうつ病 >> 真面目で熱心な薬剤師とうつ病

真面目で熱心な薬剤師とうつ病

うつ病は真面目な人ほどなりやすいといわれています。薬剤師のうつ病でも例外ではなく、仕事に熱心であればあるほど、自分の役割を一生懸命勤めようとしていればいるほど精神に負担がかかってうつ病を発症しやすくなるのです。

どうして真面目で熱心な薬剤師ほどうつ病になりやすいのか、それは薬剤師を巡る仕事環境や役割が深く関わっています。まず仕事のプレッシャーが大きいこと。調剤業務はルーチンワークに陥りやすいイメージがある一方、ちょっとしたミスが患者さんやお客さんの健康状態に重大な影響を及ぼす面もあります。そのため真面目で熱心な人ほど「ミスをしてはならない」と張り詰めて仕事を行うことが多いのです。しかも万一ミスを犯してしまった場合には精神的なショックやダメージが大きく、薬剤師としての自信を失ってしまったり、ますます自分にプレッシャーをかけた状態で働くようになっていきます。その負担が蓄積していくと、いつかパンクを起こしてしまうことがあるのです。

もうひとつ、患者さんやお客さんからのクレーム対応も薬剤師の重要な役割のひとつです。実際のところこうしたクレームは薬剤師には非がないものがほとんどで、中には言いがかりとしか思えないようなものも多々あります。こうしたクレームに対してもきちんと対応しなければならないため、真面目な人であるほど負担を感じてしまうようになります。

人間関係の悩みを抱えやすいのも真面目で熱心な薬剤師の問題点として挙げられるでしょう。調剤薬局のように閉鎖的な環境ほど人間関係のトラブルを抱えやすく、真面目な人は他のスタッフのトラブルの間に立たされて苦労させられたり、面倒な仕事を押し付けられるといったそんな役回りになりがちです。閉鎖的な環境だと人間関係のストレスを抱えやすく、そのはけ口として真面目な人が嫌がらせなどを受けてしまうこともあります。

ドラッグストアや製薬会社、医薬品卸などで働く薬剤師の場合は成果が求められる環境でのプレッシャーもうつ病の大きな原因です。こうした職場ではノルマが設定されていることも多く、真面目で熱心な人ほどそれをこなそうと一生懸命になります。成果を達成できればできたでますます頑張らなければと追い詰め、達成できなかった場合は自分の能力と努力が足りないのだ、とやはり追い詰めてしまいます。

こうしてみても真面目で熱心な薬剤師ほどうつ病にかかりやすい傾向が見られることがわかります。よい意味で適度に力を抜く、プレッシャーを受け流す自己コントロールの能力も薬剤師にとって重要な資質となるのかもしれません。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.