うつ病になりやすい薬剤師の職場

薬剤師のうつ病TOP >> 薬剤師とうつ病 >> うつ病になりやすい薬剤師の職場

うつ病になりやすい薬剤師の職場

うつ病になってしまった薬剤師が転職を目指す場合、あるいは心身のストレスに悩まされている薬剤師がうつ病にならないために転職を決断した場合にはうつ病にならないような職場を探していくことがもっとも需要なポイントとなります。それだけにうつ病になりやすい職場とはどのようなところなのか、どういった環境がうつ病を引き起こしてしまうのかをよく把握しておくことが大事です。

うつ病になりやすい薬剤師の職場としてまず挙げられるのが調剤薬局です。これはこの職場のメリット・デメリットとも深く関わってくるのですが、閉鎖的な環境で固定化した人間関係のもとで業務を行うことが多く、人間関係のストレスを抱えやすいのです。これは安定した環境で長く働けるメリットでもあるのですが、数人程度の薬剤師が閉鎖的な環境で何年も一緒に仕事をしているとどうしてもいろいろと人間関係の問題を抱えやすいのです。ちょっとした感情の行き違い、あるいは仕事とは直接関係がない原因による言い争い、嫉妬といった要因でギクシャクしてしまうことがよくあります。こうした問題は少し距離を置くと解決することが多いのですが、閉鎖的な環境では毎日のように顔を合わせることになるのでなかなかそれが難しいのです。また閉鎖的な環境ゆえに誰もがトラブルの当事者と化してしまうことが多く、第三者が間に入って仲裁するといったことが難しいのも厄介な点です。どちらが多くの味方を確保できるか、勢力争いになったり、それに負けた方が嫌がらせを受けるといった状況も起こりえます。コミュニケーションが苦手な人はとくにこうしたリスクに注意する必要がありそうです。

それから仕事のプレッシャーが大きい職場。ただでさえ薬剤師の仕事はミスが許されず、ちょっとした間違いが大きなトラブルを引き起こしてしまうというプレッシャーがあります。加えて調剤や服薬指導など本来の薬剤師の役割以上の業務を任せられるケースが増えてきており、その負担が心身に変調をきたす原因になるのです。例えば病院薬剤師ではチーム医療への参加や外来患者を対象とした相談業務、がん治療をはじめとした高度な先進治療への参加といった幅広い役割が求められており負担が増えています。あるいは製薬会社のMRやドラッグストアのようにノルマが課せられ、成果が求められる職場ではつねに結果を出し続けなければならないプレッシャーに晒されてしまうこともうつ病の大きな原因となっています。

こうしたシチュエーションがうつ病の原因を引き起こす可能性をよく踏まえたうえで職場探しを行っていく必要があるのです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.