うつ病で退職したら薬剤師の復職に不利?

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師になってしまったら >> うつ病で退職したら薬剤師の復職に不利?

うつ病で退職したら薬剤師の復職に不利?

仕事でうつ病になってしまった方にとって最大の不安の種となるのが今の職場をやめてしまった後にうつ病の事実が復職の妨げにならないかどうかです。この不安から精神状態を悪化させる原因となっている職場を辞めるに辞められずますます病気を悪化させてしまっているケースも少なくありません。

うつ病への理解は社会全体で広がりつつありますが、残念ながら受け入れる体制が十分に整っているとはいえない段階です。うつ病になってしまったために退職を迫られたり、何度も休職させられる、あるいはあちこちと異動させられるといった退職に追い込むような扱いをさせられることも少なくありません。この点は残念ながら薬剤師も例外とはいえず、まだまだ厳しい環境に置かれているのが現状です。

そのためうつ病で退職した薬剤師の復職に関しても不利になってしまうのはどうしても避けられません。専門的な知識・スキルを備えているという点では他の職種に比べるとまだ環境はよいとも言えるわけですが、一方では薬剤師だからこそうつ病が不利になるというケースも少なくありません。その最大の要因は雇う側が不安になる点が挙げられます。

薬剤師の仕事は調剤業務を筆頭にルーチンワークに陥りやすいとよく言われますが、その一方で人の健康を扱う非常に責任が重い仕事でもあります。きちんと仕事をこなしていればとくに難しい点はなく確かにルーチンワークになりやすい部分もあるのですが、不安定な精神状態で調剤業務を行ったら…と、雇う側が万一のトラブルに不安を抱くのも無理からぬ部分もあります。

また調剤薬局やドラッグストアを筆頭に薬剤師の職場は少人数で機能しているケースが少なくありません。3〜4人の薬剤師で機能している職場にうつ病で退職した薬剤師を雇った場合、さまざまな事情で仕事がスムーズにできなくなるのではないか、そうなるとシフトがうまく回らなくなるのではないかとどうしても不安になってしまいがちです。少人数であればあるほど人間関係が精神状態に与える影響が大きくなる点も雇う側にとっては不安材料でしょう。

このように、薬剤師だからこそうつ病の復職が不利になってしまう面は否めません。ですから復職を目指す場合にはうつ病になった原因をはっきりとさせ、応募した先がそれを解消できる職場であることをアピールすることが大事です。コミュニケーション能力の不足が原因でなってしまった場合にはその能力をあまり必要としない職場を目指した、といった具合です。こうした点をうまく踏まえたうえで復職を目指していく姿勢が求められるでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.