うつ病薬剤師の症状

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師になってしまったら >> うつ病薬剤師の症状

うつ病薬剤師の症状

うつ病にかかってしまった薬剤師にはいくつかの症状が見られます。うつ病は自分では自覚するのが難しい面もありますし、真面目で責任感が強い人ほど「もっと頑張らなければ」と思い込んでどんどん自分を追い詰めてしまう傾向があります。知らず知らずのうちにうつ病を発症し、どんどん悪化させてしまう状況にストップをかけるためにもうつ病薬剤師にはどのような症状が見られるのかを確認し、自分が当てはまっていないかどうかを定期的に確認しておくことも必要です。

うつ病薬剤師の症状には広くうつ病全般に見られるものと、薬剤師ならではのものがあります。うつ病全般の症状と共通しているものとしては疲労感や倦怠感、やる気の欠如がまず挙げられます。以前までは仕事に対してやる気を感じていたのに最近ではぜんぜん感じられない、出勤するのが億劫で仕方がない、という場合には注意するべきでしょう。

それから体調面の症状。とくに激しい運動を行ったわけでもないのに動悸や息切れが目立つようになった、夜なかなか眠れない、朝起きられないなど睡眠環境が悪化したといったケースが急に見られるようになった場合もうつ病の可能性があります。そのほか朝起きたときにすでにうんざりして気分が塞ぎこみがちになっている、食事の際に何を食べてもおいしく感じないといった気分の変化にも気をつけましょう。さらに初期の症状では頭痛や肩こりも見られますが、これはうつ病とは関係がない疲労や血行不良などの原因で起こることも多いので見極めが難しいのが厄介です。

薬剤師ならではの症状ではミスに対して過剰にくらい不安になってしまう点が挙げられます。ちょっとしたミスが患者さんの健康状態に重大な影響を及ぼす仕事だけにうつ病で神経過敏な状態になるとミスを犯すことに対して過剰なくらい不安と恐怖を感じるようになってしまうのです。それから自信の喪失。先述したやる気の欠如・低下とも関わってきますが、自分は薬剤師に向いていないんじゃないか、職場に居場所がないんじゃないかと感じるようになってしまいます。ミスをした時や人間関係の悩みを抱えているときに陥りやすいのですが、うつ病が進行するととくに理由がないにも関わらず塞ぎこんでしまうことが多くなります。

他にも接客に対して恐怖心を覚えたり、人と話をしていても話の内容が頭に入らずどんな会話をしていたのか後で思い出せなくなるといった症状も見られます。厄介なのはこれらの症状は少しずつ進行していくことです。仕事の悩みや行き詰まりを感じているなか、こうした症状が少しでも見られる場合にはうつ病の兆候を疑ってみましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.