うつ病薬剤師の復帰のポイント

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師の復帰のポイント

うつ病薬剤師の復帰のポイント

うつ病を発症して退職してしまった、あるいは休職に追い込まれてしまった薬剤師は復帰のタイミングが非常に難しくなります。うつ病に悩まされやすい方は真面目な性格が多く、できるだけ早く復帰したいと焦る一方、中途半端に復帰してしまうとまたすぐに精神面の問題を抱えてしまい、休職からの復帰の場合は最終的に退職に追い込まれたり、新しい職場に転職した場合には短期間ですぐに辞めてしまうことになりかねません。

復帰のポイントとしてはまず自分の精神状態がどの程度回復したかを見計らっておくことが大事です。とくに違う職場に転職を目指す場合、前の職場でうつ病を引き起こした原因となった環境さえなければ問題なく働けると判断してしまいがちです。しかし一度うつ病にかかってしまうと業務上はもちろん、コミュニケーションなどさまざまな面で影響が出てきますから、症状が安定したり、改善したりしない状況で転職するといかに前の職場に比べて恵まれた環境にあってもうまく適応できない可能性もあります。

また十分に回復していないと転職そのもののチャンスが狭くなる点も忘れてはならないでしょう。うつ病はどうしてもマイナス評価になってしまいますから、中途半端な段階で復帰を目指そうとすると、いつまで経っても次の職場が見つからずにますます精神的に追い込まれてしまうことになります。休職からの復職の場合は職場との人間関係を改善できるかどうかもポイントとなるでしょう。

実際に復帰する場合には職場や採用担当者にいかに自分が回復したか、精神状態が業務に支障をもたらしたりしないかをうまくアピールすることが重要です。ですから問題なく回復したことを証明してくれる医師の診断書がもらえる段階までじっと待つ、あるいは抗うつ薬など薬の使用の頻度が少なくなっているといった症状の改善を客観的にアピールできるものを用意するようにしましょう。

また休職から復帰するにしろ、転職するにしろ、できれば前の職場とは異なる環境で復帰するのがポイントです。職場への復帰の場合は異動願いを出すなどの事前の対策も必要になるでしょう。

このように、うつ病薬剤師の復帰のポイントは自分の症状と精神状態をよく把握しておくことと、そのうえで症状が改善したことをうまくアピールできるかどうかにかかっています。焦らず、十分な準備を整えた上でタイミングを見計らうようにしましょう。復帰に失敗してしまうと自分の能力や薬剤師の適性そのものに対して疑心暗鬼になってしまい、ますます自分を追い詰めてしまうことになりかねないので注意したいところです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.