うつ病薬剤師の不安解消

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師の不安解消

うつ病薬剤師の不安解消

薬剤師として働き始めたけどうつ病になってしまい転職する場合や、一度仕事を辞めて再就職する場合、まだ働いていないけれど元からうつ病で、資格が取得できて薬剤師として就職して働こうとしている場合、就職先に対する不安がいろいろあると思います。薬剤師として働けるいろいろな職場について正しく知っておくことでその不安を少しでも解消することができます。

1番求人が多い薬剤師の職場が調剤薬局です。正社員の求人も多く、契約社員やパートなどの雇用形態の求人も多く就職しやすいです。しかし、更に就職しやすいのがドラッグストアと言われています。それは求人数が調剤薬局の方が多くても、1つの求人で採用する人数がドラッグストアの方が多い為です。調剤薬局やドラッグストアは店舗数が多い為、家から近い職場も探しやすいでしょう。次に求人数が多いのが病院ですが。ドラッグストアや調剤薬局に比べ求人の条件が厳しく、特に病院勤務未経験の場合年齢面でも就職は厳しくなります。

一部の人手不足が深刻な病院では年齢や経験者など関係なく採用を行っている職場もありますが、そういう職場は過酷な現場が予想されるためうつの場合避けたほうが良いでしょう。そもそも病院はスキルアップにも向いていますし、年収などの面でも優遇されますが、医師や看護師との人間関係が難しかったり、患者さんとのコミュニケーションが大変だったりととても負担や責任の重い仕事なので、うつの状況によっては慎重に検討したほうが良いでしょう。

一番求人が多いと言われている調剤薬局は、仕事がそこまでハードではない職場が多く、その割に給料が良いです。また、休暇が取りやすく勤務時間も融通してもらえる職場が多いのも魅力の一つです。ただ、薬局での調剤は仕事の幅が限定的になってしまうため、やりがいの面で物足りないと感じてしまう人もいるようです。自分が薬剤師として仕事でやりたいことと、うつ病の状況などをよく考えて慎重に就職先を選ぶ必要があります。他にも公務員薬剤師とい言った選択肢もあります。年収などは安定していますが、公務員以外の薬剤師より低くなる場合があります。また、試験などが必要です。

他にも薬剤師の職場に関する情報は沢山あるので、それを知っておくことで、不安を解消してうつ病への負担を軽減することができますし、いざ就職してみて思っていたのと違うというショックも避けることができます。自分の精神の状態に合わせて職場を選ぶ役にも立ちますので、不安解消のためにはまず下調べを入念に行ってみましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.