うつ病薬剤師のブランク年数

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師のブランク年数

うつ病薬剤師のブランク年数

薬剤師は、職場の環境の人間関係の複雑さなどからうつ病になりやすいとされています。うつ病になった原因が仕事にある場合、うつが重症の場合もそうですが軽度の場合も早めに仕事から離れる必要があります。体や命が最優先ですから、無理をせず1度仕事を辞めることもあります。そこで心配になるのが、ブランクが出来てしまうとまた働くときに不利になってしまうのではないかという問題です。

仕事から離れている時は何年ならブランクがあっても良いか心配になると思います。結論から言いますと、何年なら大丈夫、何年ならダメ。ということはありません。求人にもブランク何年以上はお断りなどと記載のあるものはまずないでしょう。薬剤師はしっかりと資格を取得しているので、時間が経ったら就職できないということはありません。ただ、ブランク期間のことは面接で詳しく聞かれると思うので、仕事から離れている期間に全く薬剤のことを勉強していないとなると、仕事をしていなかった期間に関係なく雇う側からすると不安要素になるので、仕事から離れている期間もできる範囲で勉強は続けておくなどの努力は必要です。

仕事を離れている期間が長くなると、薬剤師の場合普通の仕事と違って、ただ業務内容を思い出すのに時間が少しかかるというだけではなくなります。保険制度などが変わっていたり、法改正が行われていたりする場合があります。現在は、2年毎に薬の価格が改定されていたりすることもあり、覚え直さないといけないことが沢山あります。そのため職場からすると、本当に気がかりなのは仕事から離れていた期間よりも、その人がどれくらい今から覚え直さなくてはいけないことがあるかということです。ブランクの期間が長くても、仕事に必要な勉強をしっかりと再就職までにしてから行けば、企業側は安心して雇うことができるので、ブランクが少ない人よりも有利になる場合も多いです。

仕事のことが嫌になってしまったのではない場合、また薬剤師として働く可能性も多いと思います。そんな時は、休職中も看護師向けの本などを読んで勉強しておくと再就職の時に有利になります。他にも、研修制度がある求人先であればブランクがあろうがなかろうが、研修があるから大丈夫です、とブランクに関係なく雇ってもらうこともできるでしょう。薬剤師の場合、あまりブランクの年数は重要になって来ないことが多いです。ただやる気や自分の素質を見せる努力は必要になるので出来る範囲のことはしておきましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.