うつ病薬剤師と在宅ワーク

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師と在宅ワーク

うつ病薬剤師と在宅ワーク

どんな職場でもうつ病になってしまう可能性がありますが、その中でも薬剤師はうつ病になってしまう危険性が高いと言われています。というのも、うつ病になる原因は人間関係などからくるストレスが多く、薬剤師は人間関係が難しい職場が多いのです。調剤薬局勤務であれば、狭い空間で数人が長時間勤務することになりますし、病院勤務であれば医師や看護師など多くの人との人間関係が必要になります。

人間関係からくるストレスで、うつ病になってしまった場合、その人間関係の中で生活していては病気は治りません。しばらく休職したり、転職を考える人もいるでしょう。そんな時に人間関係を気にしない職場で働ける職場を探すと思いますが、その1つが在宅ワークです。在宅ワークであれば、無理をして色々な人と関わることもなく自分のペースで仕事をすることができます。

家で薬を扱うということはありませんが、薬剤師の資格を活かして出来る在宅ワークは幾つかあります。1つ目がメディカルライターとして記事を作成することです。薬や病気などについての記事を作成します。薬剤師の資格を持っていないとわからない専門的な記事を作成することができるのでクライアントからの需要があります。薬剤師向けの、体験談などの作成もあります。2つ目は製薬会社などとの仕事で、薬などの製品のお問い合わせの対応を自宅で行うものです。電話対応とメール対応の2種類があり、メール対応であれば電話が苦手な人でもできます。

薬剤師の資格を活かした在宅ワークは、条件が良い仕事が多く、月収20万円以上稼ぐことも可能で、資格がない人が行う一般的な在宅ワークよりも収入を得ることが可能です。ただ、在宅ワークということで、クライアントから顔が見えず、最初から全面的に信用されるわけではないため、初めてすぐの時は仕事量は少なめということが多いです。仕事を続けて信頼関係を築くことで、仕事量を増やしてもらい安定した収入を得ることができます。

このような仕事は、人材派遣会社などに登録することで定期的に依頼を受注することが可能です。しかし、インターネット上でオープンに募集されていない求人が多いため、人材派遣会社や人材紹介会社に登録して直接相談するようにしましょう。また、仕事先とのことは人材派遣会社に相談すればいいので、クライアントとうまくいかない時は、別のクライアントを紹介してもらったりすることができ、無理なく続けることができます。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.