うつ病薬剤師の人間関係

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師の人間関係

うつ病薬剤師の人間関係

どんな人でも、職場や環境によってうつ病になってしまう可能性があります。しかし、うつ病になる人が近年増えている薬剤師という職業には、うつ病になってしまいやすい環境があるというのも事実です。その理由の多くは人間関係が難しいということにあります。また、優しい人の方が薬剤師になるとうつ病になりやすいです。

薬剤師の多くの就職先が調剤薬局です。町の薬局に行ったことがある人はわかると思いますが、レジやカウンターの奥に薬が所狭しと並んでいる部屋があり、そこで複数の人が仕事をしているのが見えると思います。このように、調剤薬局の薬剤師は、決して広いとは言えない部屋で朝から晩まで仕事をすることになります。また、大勢の人を雇うわけではないので、大体決まった数人で仕事をします。人間ですから、相性の良い人もいれば相性の悪い人もいます。自分が誰かと上手く行かない場合もそうですが、狭い空間なので同僚や先輩、後輩の人間関係に巻き込まれてしまうことも少なくありません。顔を合わせなかったり、話をしない訳にいきませんから、場合によっては酷いストレスになってしまうことが考えられます。

では、調剤薬局以外に就職すれば人間関係が上手くいくかというとそうでもありません。病院勤務は病院勤務なりの人間関係の複雑さがあります。患者さんだけではなく、看護師と医師との人間関係も増えてくるので、狭い空間ではありませんが、関わる人が増える分大変です。病院独自の風習があったり、先輩達のマイナールールなどによって、ストレスがたまりうつ病の原因になってしまうこともあります。患者さんのクレームなども大きな負担になってしまいます。

鬱病の発症原因の多くに、人間関係があります。薬剤師は人間関係が非常に難しい職場な為、鬱病を発症してしまう可能性が高くなってしまいます。ただ、人間関係以外にも、薬という取り扱いに注意が必要なものを扱う仕事なので、それだけでもプレッシャーがある仕事と言えます。もちろんどんな職場でも人間関係の悩みが増えてしまう可能性があります。調剤薬局や病院は人間関係が大変そうだから製薬会社に就職しよう、と思っても企業は企業でノルマや、何らかの成果が求められたりと、楽な仕事ではありません。事前に、どのような人間関係が予想されるか、自分の仕事内容はどうなるのかということを詳しく調べた上で、自分の特性に合った就職先を決定するようにすることが、うつ病の予防へ繋がります。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.