うつ病薬剤師の面接

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師の面接

うつ病薬剤師の面接

薬剤師に限らずうつ病の方が転職・再就職を目指す場合には面接が非常に大きなハードルとなります。うつ病の多くはコミュニケーションの問題や不安を抱えていることが多く、そもそも面接そのものに対して過度な不安を抱いてしまうことから失敗したり、転職活動そのものをうまく進められなくなってしまうことが多いのです。

うつ病薬剤師の面接ではまずこうした面接に対する不安や苦手意識を克服するための準備が大事です。そのためにも薬剤師の面接に関する基本的なところを踏まえておきましょう。「失敗したらどうしよう」などちょっとしたミスに対して過剰なくらい不安を感じてしまうことが多いだけに、「こうすれば問題ない」といったようないい意味でのマニュアルを土台にするのです。基本的な面接のマニュアルさえ踏まえておけば途中でどう対応すればよいのかわからなくなってしまい不安やパニックに陥るといったリスクを避けることもできます。

面接の基本は挨拶と身だしなみです。うつ病の方はまず相手によい印象を与える挨拶ができるかどうかを確認しておきましょう。知らず知らずのうちに対人関係に対して不安を抱えていると挨拶がうまく出てこなかったり、声が小さい、不明瞭、暗いといったマイナスイメージをもたれてしまうような形になる恐れがあります。また、しばらく休職や前の職場から退職した後に人と接する機会が少ない生活を送っていた場合にはそもそも人に話しかけられたときに対応できないこともあるため、第一歩でつまずかないためにもこの基本中の基本に関して対策を行っておきましょう。

身だしなみも同様です。うつ病の症状のひとつに身だしなみに気を使わなくなる点が挙げられます。身だしなみを整える気力がなくなるだけでなく、本人が意識しないままだらしない服装や身なりをしてしまっていることも多いため、面接の際には改めて見直すようにしましょう。この点も第一印象の段階で損をしないためにも重要です。

そして最大のポイントとなるのがうつ病の事実を相手に伝えるかどうかです。この点は業務に支障があるかどうか、医師の治療を受けているかどうかがポイントとなります。うつ病の事実を隠して後で業務上問題が生じた場合にはトラブルの原因となるだけに、現在でも服薬を続けている、病院で治療を受けているといった場合には正直に伝えましょう。マイナスイメージは避けられませんが、できるだけ病気の事実が業務に差支えがないこと、その職場にうつ病の原因となった環境がないことなどをうまくアピールしたいところです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.