うつ病薬剤師の退職理由

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師の退職理由

うつ病薬剤師の退職理由

うつ病が原因で前の職場を退職した場合、次の転職先で退職理由を聞かれたときにどのように答えるかが難しいポイントとなります。とくに仕事の環境が原因でうつ病になった場合にはどこまで正直に伝えるかどうか、適切な線引きが求められます。

この点は現時点でのうつ病の症状がどの程度なのか、それが転職活動においてどのような影響を及ぼすのかも深く関わってきます。単純に考えれば前の職場の環境が悪ければ悪いほどうつ病の症状が重く、転職後の就業環境にも影響を及ぼすと判断されてしまいます。ですから前の職場でいかに厳しい環境におかれたせいでうつ病になってしまったのかを強調しすぎるとかえってマイナス評価になってしまう恐れがあります。

ただうつ病を発症するに至った前の職場の環境や問題点を説明しないとメンタル面が弱いと判断されたり、なぜこの職場に転職しようと思ったのかをうまく説明するのが難しくなります。前の職場の問題があったからこそ、そうした問題を避けて健康な精神状態で働けそうな職場を選んだのだ、と相手に納得してもらえる説明が求められます。

基本的に退職理由では前の職場の不満を並べてはいけないと言われますが、うつ病の場合はこのようにどうしても触れなければならない部分も出てくるので難しいのです。大事な点はできるだけ客観的な事実で説明することです。うつ病を発症するほど厳しい環境で働かされていた場合、どうしても主観的・感情的に前の職場の問題点や不満点を並べてしまいがちですが、それがあまりにも強くなると被害者意識ばかりが相手の印象に残ってしまいます。そうなると「ちょっとした不満でもすぐに自分を被害者にしてしまう」といったマイナスイメージをもたれてしまう可能性もあるので十分な注意が必要です。なぜうつ病になってしまったのか、前の職場のどういった点に問題があったのか、最終的に退職するに至った決定的な理由はなんだったのか。感情を交えずにうまく説明していくことそのものがちゃんと働ける精神状態にあることの証明にもなります。逆に感情的な説明に終始してしまうと不安定な精神状態だと受け止められてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

このようにうつ病薬剤師の退職理由はなかなか難しい面もあります。ポイントは転職することによって症状を軽減・解消できるチャンスが得られること、業務に差し支えなくきちんと働けることを印象付けられるような内容にすることです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.