うつ病薬剤師の自己PR

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師の自己PR

うつ病薬剤師の自己PR

薬剤師として就職したけど職場の環境や人間関係などが原因でうつ病になってしまった場合、転職したり1度仕事を辞めて療養してから再就職する場合、又は元々うつ病だったけれど資格が取得できて新しく薬剤師として就職先を探したりと、うつ病だった経歴があったり、現在うつ病の場合、就職活動の際の自己PRをどうするべきか悩まれる方が非常に多いと思います。

雇用形態や職場にもよりますが、治療中という場合は就職が難しい場合が多いです。どうしても雇う側としては急に辞められてしまったり、欠勤が多いと困ってしまう為、心配な要素だからです。うつが完全に治ったと言えるまでの期間は本当はしっかりと療養出来るのがベストですが、働かないと生活できない人や、家にいるとかえって精神的に良くないので働きに出たいという人もいると思います。

その場合は、もし休んだり辞めてしまう可能性がある場合でも雇ってもらいやすいパートなどで仕事を探すのがオススメです。パートタイムで働く人は、子供がいて短時間しか働けない人などが多く、家庭の事情で急に休んだりする場合もあることを事前に仕方ないとしている職場が多いです。そのためしっかりと事情を話せば、短時間なのでということで融通を利かせてくれる可能性も高いです。パートから始めて職場で信頼関係を築ければ、就業時間を長くしていってもらうことも可能かもしれません。または、アルバイトでシフト制であれば最初は少ない日数から始めるのも良いでしょう。

うつ病が完治している場合、うつは隠した方が良いと思う人もいるかもしれません。しかし、うつであるということを隠して就職した場合、相談もできないのでまた悪い状況に自分を追い込んでしまう可能性があります。うつ病だった時期があってもそれを乗り越えて頑張っている自分をうまくPR出来れば、何か障害があっても頑張れる人間であり、またうつ病だったということを事前に知ってもらうことができるため、何かあった時に相談しやすいですし、理解も得やすいでしょう。もちろん、うつ病である人と、うつ病でない人では就職が不利になってしまう場合もありますが、自分が今後長く働く職場を探すためには理解を得られる環境を探す方が良いでしょう。うつ病であったこと以外にも、自分の得意なことや良さ、そして仕事を頑張りたいという思いをしっかりと伝えることで、うつ病だけにこだわらない自己PRを行うことができます。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.