うつ病薬剤師の転職回数

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師の転職回数

うつ病薬剤師の転職回数

うつ病になってしまったり、様々な理由から転職をすることがあります。薬剤師は転職回数が多くても大丈夫と思われがちですが、やはりそんなことはありません。ただ、一番大事なのは自分の体や命ですから、無理をして現在の職場で働き続けることはありません。ただ、転職回数が多くても薬剤師なら大丈夫といった記事を鵜呑みにしてしまって安易に転職を繰り返していると後で自分が不利な状況になってしまうこともあるので注意しましょう。

薬剤師でも、職種は様々です。その職種によっても転職回数がどれくらい重要視されるかは変わってきます。就職先で多い調剤薬局やドラッグストアの場合ですが、この職種の場合は転職回数が極端に多くなければあまり問題視されることはありません。3ヶ月や半年で辞めている経歴があると気にされると思いますが、数年働いて転職しているのであれば、数年で転職する人が珍しい職場ではないため、それでもいいと思われることが殆どです。

ただ、現在のうつ病の状況などは聞かれるはずなので、自分の中で仕事が他の人同様にこなせるのかしっかり判断しておく必要があります。他にも病院の場合は、契約社員やパートでの求人が多く、転職回数はあまり関係ない場合が多いです。ただ、こちらも極端に回数が多いと不利だったり詳しく理由を聞かれたりします。そして、転職回数が多い場合は正社員の求人で採用されるのは難しいと思っておいた方がいいでしょう。

うつ病で転職してしまうのは仕方ないことですが、転職回数は少ないに越したことはありません。女性の場合は妊娠や出産で急に仕事を辞めてしまう人も多いので、そういう理由かと思われることが多く、気にされない場合も多いです。男性の方が転職回数を気にされてしまうということもあります。ただ、転職の際のうそは良くないので妊娠などのせいにすれば良いから転職してしまおうとは考えないようにしましょう。

転職回数は少ない方が絶対良いはずですから、前の職場で自分の病気につながってしまう原因があった場合、次はそうならないような職場や求人を時間をかけて探しましょう。期間が少し空いてしまっても大丈夫です。ブランクよりも転職回数の方が、就職する時は不利になってしまう可能性が高いことを覚えておきましょう。アルバイトなどであれば仕事はいくらでも見つかるかもしれませんが、折角資格を持っているのに給与が上がりにくかったりする問題も出てきます。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.