うつ病薬剤師が働きやすい職場

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師の転職・復職ガイド >> うつ病薬剤師が働きやすい職場

うつ病薬剤師が働きやすい職場

仕事が原因でうつ病を発症してしまった場合、できるだけ働きやすい職場への転職を図るのが症状を改善するための近道です。もちろん精神科などで治療を受けるのも効果的な対策方法ですが、うつ病をもたらした原因を解消しない限り改善したり悪化したりの繰り返しに陥ってしまう恐れがあります。

ではうつ病薬剤師が働きやすい職場にはどのような選択肢があるのか、じつはこれが簡単ではありません。なぜうつ病を発症してしまったのか、その理由には個人差があるからです。例えば激務が原因で心身のバランスを崩してしまったのがきっかけのこともありますし、仕事のプレッシャーに追い詰められてしまったのがきっかけで、さらに職場に人間関係のトラブルで発症することもあります。ですから働きやすいかどうかは自分がどのような理由でうつ病になってしまったのかを確認し、自分の性格も踏まえた上で慎重に判断していく必要があるのです。

例えば激務が原因で発症した場合には中小規模の調剤薬局が適しています。調剤薬局は深夜まで営業しているところが少ないこともあって残業や夜勤の機会が少ないメリットがあるほか、ノルマなど仕事上のプレッシャーが少ないといったメリットもあります。ただし、少人数の薬剤師でやりくりされているため閉鎖的な環境になりやすく人間関係の悩みを抱える可能性もあるので注意しましょう。

仕事のプレッシャーが原因の場合は先ほども挙げたノルマが少ないところを選ぶのがポイントです。病院薬剤師は仕事そのものは夜勤があるなど大変な部分がありますが、売り上げなどのノルマを気にする必要がない点にメリットがあります。またチーム医療や先進医療への参加などやりがいを感じられる環境でもあるため、適性がある方にとってはやりがいのある職場で働きながらうつ病を改善していくチャンスも得られるでしょう。

人間関係のトラブルがきっかけの場合はドラッグストアや治験業務など人間関係のトラブルを抱えにくい仕事がよいでしょう。取引先の仕事との交渉などでコミュニケーション能力が問われますが、その多くが事務的な対応となるため、ドロドロした人間関係の悩みを抱えにくい特徴があります。ただノルマがある、治験業務の場合は出張が多いといった就業環境には注意が必要です。

このように、うつ病薬剤師が働きやすい職場はひとそれぞれ事情によって異なります。自分にとって本当にやりがいのある職場を見つけられるかどうかも精神状態に大きく左右するだけによく検討したうえで判断するとよいでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.