うつ病薬剤師の契約社員の求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師の契約社員の求人

うつ病薬剤師の契約社員の求人

うつ病になってしまった場合、転職したり1度仕事を辞めて休養したりという選択をすることになると思います。転職先を選ぶときは、どのような職場がいいのか、どのような雇用形態がいいのか判断する必要があります。うつ病になってしまった薬剤師の雇用形態として、選択肢の1つになるのが契約社員です。

契約社員とは、働く期間をあらかじめ決めておいて就職する形になる雇用形態です。基本的にずっと働くことを前提としている正社員に比べて、給与面などで契約社員の方が条件は悪いことが一般的です。また、契約が更新できないと、職場からいなくなってしまう為、重要な仕事などを任せてもらえないこともよくあります。しかし、一回うつ病になってしまうと、いきなり正社員というのは本当にやっていけるか不安な人が多いと思いますし、正社員としての就職も難しいというのが現状です。いきなり正社員というプレッシャーを背負って、責任感のある仕事ばかり任せられてしまうよりも、契約社員という立ち位置から始める方が良いでしょう。正社員となると残業も増えますし、自分の時間も少なくなってしまいます。また、正社員だと異動や転勤などがある場合があります。居住環境が変わるというのは、大きなストレスになるので、うつの状態によっては出来るだけ避けたほうが良いと言えます。

残業や仕事の責任感だけを考えると、うつ病であれば契約社員がよいですが、賞与面などのこともあるので、自分の症状と相談して総合的に判断しましょう。賞与が出るか出ないかは、契約社員だからというよりも、職場によって変わってきます。ただ、基本的な社会保障は揃っている場合がほとんどなので、給与にこだわらない場合、そこは安心できます。昇進も職場や本人次第ですが正社員よりは期待できないです。

契約社員の求人が多いのはドラッグストアや調剤薬局です。色々不安な点はあるけれど、フルタイムで働きたい。出来るだけ安定して稼ぎたいという場合は、ドラッグストアや調剤薬局で契約社員の求人を探すのが良いでしょう。

正社員と比べるとやはり待遇が良くない契約社員ですが、うつ病の場合ストレスやプレッシャーができるだけない環境作りが第一になるので、いざとなったら辞めることもできる、期間が決まっているので辞めづらくても契約を更新しないという手段がとれるとわかっているのは、精神面で大きな助けになります。また、社員や契約社員以外にもパートやアルバイトといった選択肢もあるので合わせて検討してみましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.