うつ病薬剤師の在宅勤務の求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師の在宅勤務の求人

うつ病薬剤師の在宅勤務の求人

どんな職場や生活環境でも、うつ病になってしまう可能性は誰もが持っているものですが、薬剤師はその職場環境や人間関係の複雑さからうつ病になってしまう人が多い職業の1つです。人間関係によってうつ病になってしまった場合、その人間関係から離れることが必要になります。一度仕事を辞めたり、転職したりする選択をすることになると思いますが、転職する場合も復職する場合も出来るだけ人と関わらない職場から始めると負担が少ないでしょう。そんな時に選択肢の1つとなるのが在宅勤務です。

薬剤師の資格が活かせる在宅勤務の仕事は幾つか考えられますが、一番手軽に始められるのがライター業務でしょう。インターネット環境とパソコンがあってエクセルなどが使えればすぐに業務を始めることができます。薬剤師の資格を活かした薬剤等についての記事や、自分自身の薬剤師としての経験などの記事を作成することもあります。大抵がメールなどのweb上で担当者とやり取りすることで仕事を進めることができますし、納期なども余裕がある仕事が多数あります。

打ち合わせが必要な実際に人と会って行う仕事も中にはありますので、事前によく確認しましょう。他にも、製薬会社などの企業での薬剤などに関する問い合わせにメールや電話で答える業務があります。問い合わせに回答するのは迅速な対応が求められますので、ある程度生活の時間などを調整する必要があります。ただ、歩合制のものもあったりと、システムや給与形態は様々なので、自分にあった求人を探しましょう。

薬剤師の資格を活かして出来ると考えられる在宅ワークは、たいていの場合普通の求人サイトには求人が載っていません。通常の求人サイトは、人を雇用するための求人ですが、大手ではクラウドワークスといったサイトのような、仕事単位で人を探しているようなサイトやサービスを利用することで、ライター業務や電話、メール対応といった小規模から出来る在宅ワークの求人を探すことができます。クラウドワークスもそうですが、報酬などのやり取りやトラブル対応をしてくれるサービスの場合、仕事の報酬から手数料が発生する場合が多いです。サービスを利用することでかかる手数料なども踏まえつつ利用するサービスを検討してみてください。また、在宅ワークを紹介するwebサイトには、初期費用などを請求してくるサイトもあるので、しっかり確認するようにしましょう。通常仕事を始めるための初期費用を請求してくる会社は避けるようにしましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.