うつ病薬剤師の午前中のみ求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師の午前中のみ求人

うつ病薬剤師の午前中のみ求人

うつ病薬剤師が転職や職場復帰を目指す場合、いきなりフルタイムでの勤務は厳しいものです。仕事が原因でうつ病になってしまった場合、精神状態はもちろん、体の変調も抱えてしまっていることが多く、新しい職場で心機一転頑張ろう、と思っても体がついてこないというケースも少なくありません。またうつ病の症状にはやる気や集中力の低下といった面もありますから、1日8時間の労働に耐えられない可能性もあります。ただでさえ前の職場で薬剤師としての自信を失っている状態で負担の大きな環境で働いてしまうとミスを連発するなどますます自信を失う原因になってしまう恐れもあります。長時間働く環境ほどコミュニケーション能力が求められる面もあり、人間関係の悩みでうつ病になってしまった方にとってはその負担も注意すべきポイントです。

そんなうつ病薬剤師の職場復帰の選択肢としてお勧めなのが午前中のみの求人です。1日3〜4時間程度の勤務時間ならそれほど負担も大きくありませんし、少しずつ仕事に慣れていきながら失った自信を回復し、心身の健康を取り戻していくことができます。また、心身のバランスが乱れていると生活が不規則になってしまう傾向もありますが、午前中の仕事なら自然と生活習慣が規則正しくなるため、健康状態の改善にも役立つでしょう。

ただ午前中のみの職場となるとどうしても選択肢が限られてきます。パート・アルバイトとしての勤務はもちろんのこと、短時間での勤務で雇う職場はそれほど多くないからです。例えば病院薬剤師の求人を見つけることはかなり困難でしょう。もともと短時間勤務で雇うケースが少ないほか、シフト制を導入しているので毎日午前中のみというのが困難だからです。

現実的に求人が見つかりそうな職種は調剤薬局とドラッグストアです。とくにドラッグストアはもっとも見つけやすい職種となるでしょう。ねらい目は早朝から営業している店舗です。通勤の利便性も考慮して地元周辺の店舗を探してみるとよいでしょう。その際には求人サイトなどネットでの情報収集だけに頼らず、新聞の折込チラシなどで地元の求人を探してみる、店舗に貼り出された求人の貼り紙などもチェックしていきたいところです。調剤薬局も基本的には同様ですが、午前中のみというのは少なく、午後1〜2時くらいまで幅を広げて探していくと見つけやすいでしょう。

フルタイムの仕事にこだわってしまうとなかなかよい求人が見つからず、ブランクを作ってしまう恐れもあります。それだった短時間でもまず現場で働いた方がうつ病にもよい影響を及ぼします。この点も考慮したうえで午前中のみの求人を探していきましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.