うつ病薬剤師の残業なしの求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師の残業なしの求人

うつ病薬剤師の残業なしの求人

様々な仕事や生活環境があり、どんな生活をしていてもうつ病になってしまう可能性はあります。その中でも薬剤師は職場によって人間関係の難しさや、ミスが許されない仕事なのでプレッシャーなども多くうつ病になってしまう可能性が高い要因がいくつかある職業です。更に、残業が多い職場であれば身体も疲れきってしまい、より精神的に良くないです。うつ病になりそうだったり、うつ病になってしまった場合は転職するか仕事を辞める必要がありますが、身体や精神の負担を減らす為にも新しい職場は出来るだけ残業がない求人を探す方が良いでしょう。

残業があるかないかは、職場にもよりますが、職場の中でも残業がある人とない人がいます。それが、雇用形態の違いです。残業なしと書いてある求人の職場であっても、正社員の場合実際は残業があることが多いです。アルバイトや契約社員の人の仕事のフォローもしなくてはいけませんし、正社員という立場上仕事が残っていたりする場合、残業を断ることは難しいです。残業をしたくない、体力的に厳しいが断れないといった状況は非常にストレスになります。

正社員はほかの面でも責任やプレッシャーが重い為、うつ病の治療中や治療後すぐに正社員になるのは慎重に検討した方が良いです。正社員の他に、契約社員やアルバイト、パートなどの雇用形態があり、正社員以外の雇用形態は正社員に比べて残業が少ないか全くない職場もあります。また、アルバイトやパートであれば最初に事情を話しておいて、出来るだけ残業をしないように上司の方にお願いしておくのも良い方法です。パートは事情があり短時間のその時間帯しか働けない、残業が出来ない人が働いていることも多いので、自分だけ帰りにくいといった状況も防げるでしょう。アルバイトも、時間で帰らせてあげようとしてくれる職場が多いです。

余裕がある職場であれば、契約社員でも残業はなかったり少ないでしょう。ただ、アルバイトやパートよりは責任が重い仕事になるので、自分の精神状態などもよく考えて雇用形態を相談するようにしましょう。

残業なしの求人を探すには、求人サイトの検索項目に残業なしがあるサイトを利用したり、キーワードで残業なしを指定することで残業が無いと表明している求人を探すことができます。ただ、求人サイトに載ってる情報と実際の職場の状況が違う場合もあるので、面接の時などにしっかりと確認するようにしましょう。嘘を書いている訳では無くても、急に職場で退職した人が出てしまった場合や、職場の周りの環境の変化などで求人を掲載した時とは職場の状況が変わってしまっていることもある為です。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.