うつ病薬剤師の非常勤求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師の非常勤求人

うつ病薬剤師の非常勤求人

うつ病薬剤師が職場復帰や転職を目指す場合には非常勤で働くという選択肢もあります。仕事が原因でうつ病になってしまった場合、自分の薬剤師としての能力や資質に対して自信を失ってしまっていることも多いですし、また激務や仕事のプレッシャーが原因で精神状態だけでなく体も不調に陥ってしまっているケースも見られます。ですからいきなり正規雇用の形で復帰するのではなく、非常勤で薬剤師としての自信や手ごたえ、やりがいといったものを取り戻していくわけです。その後改めて正規雇用の職場転職を目指す、いわばリハビリの形です。

まだ非常勤ならシフトなど勤務時間の都合がつけやすいというメリットもあります。夜勤や残業など不規則な勤務環境による激務で心身のバランスを崩してしまった場合には、規則正しい就業環境を重視して非常勤の立場で勤務すれば、働きながら体調と精神の安定を取り戻していくことができます。

加えて人間関係のトラブルが原因でうつ病になってしまった場合にも非常勤は正規雇用に比べて職場の同僚と密接な人間関係を築く機会が少ないので精神的に楽な環境で働けるというメリットがあります。こうした点を見ていくだけでも非常勤での勤務はうつ病薬剤師が本格的な復帰を目指す前の準備段階として適していることがわかります。

そうなると、どんな非常勤の職場がいいのかということになります。この点に関しては大事なことが2つあります。まず本格的に復帰する際のキャリアを考えておくこと。いくら働きやすいからといって自分が本格的にキャリアを追求したいとはあまり思えない職場、あるいはこれまでのキャリアが活かせない職場はあまり適しません。失ってしまった自信を取り戻し、転職活動の際にうつ病のマイナス点をフォローできるアピールポイントを増やすためにもできるだけキャリアに役立つ職場を選ぶようにしましょう。

もうひとつのポイントは、やはりうつ病の原因となった環境がないかどうか。先述したように正規雇用に比べると精神的な負担が少ないのが非常勤の魅力ですが、やはりうつ病の原因となった要素を排除した環境で働くようにしたいものです。人間関係の悩みのほか激務、ノルマなどの仕事のプレッシャーなどうつ病をもたらす原因にはさまざまなものがありますから、自分のうつ病の原因を把握したうえで避けられる職場を選んでいくようにしましょう。この2つの点を踏まえておけば非常勤から正規雇用への本格復帰をスムーズに進めていけるような転職ができるはずです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.