うつ病薬剤師のパート勤務求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師のパート勤務求人

うつ病薬剤師のパート勤務求人

うつ病にかかってしまった薬剤師は焦って正規雇用の転職先を探すのではなく、パート勤務の職場で復帰を目指すのもひとつの選択肢です。うつ病にかかってしまうと心身のバランスが崩れやすく、フルタイムでの仕事に耐えられないことが多いですし、正規雇用だと仕事上のプレッシャーも大きくなるので仕事に慣れるのが難しい面もあるのです。その点パート勤務なら勤務時間・日数ともに抑えながら働くこともできますし、仕事上のプレッシャーも少なく済みます。

またうつ病が原因で業務に支障をきたしてしまう可能性もあります。またその不安がますます精神に負担をかけてしまう恐れもありますから、まずはパート勤務で仕事をきちんとこなすことができるかどうかを確認しておくのもよい方法です。この点は後述するうつ病になった原因の把握とも関わってきますが、働きながらどういった業務に自分はプレッシャーや不適合を感じてしまうのか、精神に負担をかけてしまうのかを確認する機会を作ることができるのです。いきなり正規雇用で復帰した場合、万一その仕事・職場にうまく適応できず、業務に支障をきたしてしまうようなことになるとすぐに退職しなければならなくなり、その後の転職に不利になるなどキャリアのマイナスになってしまう恐れも出てきます。

こうしたメリットからパート勤務はうつ病の職場復帰の機会として適しているわけですが、どんなパート勤務でもよいというわけではもちろんありません。まずは先述した自分がうつ病になってしまった原因を把握すること。薬剤師がうつ病になる原因としてはミスが許されない厳しい仕事のプレッシャー、閉鎖的な環境での人間関係のストレスやトラブル、さらに連日の残業や夜勤、休日出勤といった厳しい就業環境などが挙げられます。パート勤務の求人を探す場合にはこうした条件を回避できる職場を選ぶようにしましょう。厳しい就業環境に関しては問題ないと思いますが、仕事のプレッシャーや人間関係の問題は事前によく確認しておくことが大事です。

パート勤務の求人が多いのはやはり調剤薬局やドラッグストアですが、調剤薬局は仕事を見つけやすい反面、閉鎖的な環境で人間関係のストレスを抱えやすいといったリスクもあります。一方ドラッグストアは働きやすい一方時給が安く、また薬剤師としてのやりがいを感じにくいといった面があります。うつ病になってしまったことで失いかけた仕事へのやりがいや自信を回復させるためにも、パート勤務といえどもやりがいを感じられる職場を選ぶことも大事なポイントとなるでしょう。

働きながら心身の不調の回復を目指し本格的な復帰の足がかりになる。そんなパート勤務の職場を探してみましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.