うつ病薬剤師のシフト制求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師のシフト制求人

うつ病薬剤師のシフト制求人

うつ病にかかった薬剤師がシフト制を導入した職場に転職・復帰を図る場合にはそのメリットとデメリットをしっかりと把握しておく必要があります。その職場がうつ病を悪化させてしまうような環境ではないかどうか、うつ病が原因で業務に支障をきたしてしまうような恐れがないかどうか。うつ病の職場復帰では単に採用されるチャンスがあるかどうかだけでなく、働きながらうつ病の改善を目指していくことができるか、失いかけた自信や仕事へのやりがいを取り戻すことができるかどうかもよく考慮して選んでいく必要があります。

シフト制のメリットはまず時間の都合をつけやすい点が挙げられます。うつ病になると朝起きるのが辛い、深夜までダラダラと起きているといった不規則な生活に陥ってしまう恐れがあるため、その改善のためにも朝早くからのシフトを希望するのもよい方法です。また、毎日固定した時間帯で働くよりもシフト制の方が人間関係の悩みを抱えにくいという面もあります。固定した時間帯だと一緒に働く同僚も毎回同じ顔ぶれになるためコミュニケーションが難しくなるほか、性格面が合わない、派閥が形成されるといったトラブルが起こりやすいのです。こうしたうつ病の改善に役立つ、あるいは悪化を防ぐといった面でもメリットが期待できます。

逆にデメリットはメリットと背中合わせにある部分ですが、自分の都合が反映されるとは限らない点です。これは職場の人手の状況と深く関わっており、慢性的な人手不足の状況を抱えている職場では従業員の希望・意志がほとんど繁栄されることなくシフトが組まれてしまう傾向も見られます。この点は求人探しを行っていくうえで非常に重要なポイントにもなるだけに踏まえておきたいところです。夜勤や残業が多くなると心身の不調が悪化してしまう恐れがあります。かといってうつ病を原因に日勤のみ、残業なしといった環境で働いていると他の薬剤師から嫌味や嫌がらせを受けるといった問題を抱えるリスクもあります。

こうした点を踏まえたうえでできるだけメリットが多く、デメリットが少ないシフト制の求人を探していくことになります。ポイントは夜勤がない職場を選ぶことでしょう。そのため病院薬剤師はあまりお勧めできません。夜勤がなくシフト制を導入している職場ではドラッグストアがもっとも転職しやすい選択肢として挙げられるでしょう。在籍している薬剤師の数も少ないので人間関係のトラブルを抱えにくいといったメリットもあります。ノルマなど仕事上のプレッシャーを感じることもありますからそうした条件がない求人を意識して選んでいくとよいでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.