うつ病薬剤師の中小の調剤薬局求人

薬剤師のうつ病TOP >> うつ病薬剤師にオススメの求人 >> うつ病薬剤師の中小の調剤薬局求人

うつ病薬剤師の中小の調剤薬局求人

うつ病薬剤師が中小の調剤薬局の求人を探していく場合には十分な情報収集を行ったうえで慎重に吟味していくことが大事です。こうした中小の調剤薬局はうつ病薬剤師が働く上でメリットとデメリットの両方があるからです。

まずメリットとしては求人を見つけやすい点が挙げられます。うつ病になってしまった薬剤師はどうしても転職活動において不利になりやすく、あちこちに応募しては落選して、それがますます精神的な負担になってしまうことも少なくありません。しかし調剤薬局は採用のハードルがそれほど高くなく、うつ病があまりマイナスにならずに転職活動を行っていける面もあります。人手不足で1年中求人を出している調剤薬局などもあり、そうしたところではすぐに採用のチャンスを得ることもできるでしょう。

また通勤の利便性が高い地元近くで職場を見つけやすいのも大きなメリットです。うつ病の方は精神状態だけでなく体に不調を抱えてしまうことが多く、さらに集中力や気力の低下なども悩みの種となっています。そうした状態で連日長時間電車に乗って通勤する環境は負担が大きく、仕事以外の消耗が激しくなって仕事に集中できない恐れもでてきます。ただでさえ業務に支障をきたしてしまうのではないか、との不安が大きいわけですから、少しでも仕事以外の不安を排除するためにも通勤の利便性はとても重要です。

一方デメリットとしては閉鎖的な環境で働かなければならない点でしょう。これは中小規模の調剤薬局そのもののデメリットとしてよく挙げられますが、たいていの店舗では数人程度の薬剤師が勤務して運営されているため、どうしても人間関係が固定化してしまいがちなのです。毎日同じ顔ぶれで1日仕事をしているとどうしても性格的に合う・合わないがでてきますし、派閥など厄介な人間関係の問題が生じるケースも出てきます。薬剤師がうつ病にかかってしまう大きな原因のひとつが人間関係のトラブルですから、そうした問題を抱えずに済むかどうかをあらかじめ確認しておくことが大事なのです。また人間関係同様、仕事も毎日同じ内容でルーチンワークと化しやすい傾向があり、そのストレスが精神状態を悪化させてしまう恐れがあります。

うつ病薬剤師が中小の調剤薬局の求人を探していく際にはこうしたメリット・デメリットを踏まえたうえで自分にとって働きやすい職場を見つけることが大前提です。そのためには求人情報だけで判断せず、できるだけ幅広い情報収集を心がけて職場の内情にまで踏み込むよう心がけましょう。直接足を運んで雰囲気を確かめてみるといった方法もお勧めです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

薬剤師とうつ病

うつ病薬剤師になってしまったら

うつ病薬剤師の転職・復職ガイド

うつ病薬剤師にオススメの求人


Copyright (C)2016-2017 薬剤師のうつ病まとめ All Rights Reserved.